スズキさんの研究生活日記 兼 食堂めぐり


by ts-june18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 





「プラスミドってなんだ」(;´□`)



ヽ(*`ε´*)ノ「トラフォメってなんだ」





というご意見を賜りましたとしゆきですこんばんは.


 


 


昨夜の実験は,Ligaseの失活疑惑と共に失敗という結果を迎えました.


 


実験が失敗のためにひと段落したので,今日は論文校正の一日.なのでずっとPC前にいるのです.息抜き息抜き.


そこで今日は私の行っている研究分野について書こうかと思います.


 


 


 


分野は「植物生理学」


植物の生体反応の機構について研究する分野です.有名なのは光合成とか呼吸


あまり知られていないものだと窒素固定とか炭素固定(←じゃがいもの実ができる仕組みとか).


植物だとイメージしづらいかもしれないけど,動物に置き換えると,血液が酸素を運ぶ仕組みとか,食べたものを消化する仕組みとか,目が光を感受するしくみとか,そんな感じです.


 


で,つぎに自分のやってるテーマについて.


光合成は,植物細胞のなかにある葉緑体で行われます.光と水と二酸化炭素から,酸素と糖分を合成する反応.



おのおのの細胞内に葉緑体が1個~数個あります.


植物の緑色は,細胞内の葉緑体の色が見えているのです.


 


で,たとえば紅葉とかトマトとか.


始めは緑色だったものが,赤くなりますね.


バナナだったら黄色くなります.


これは,細胞内の葉緑体が分解されて無くなるためです.


 
→ 


うちの研究室ではこの葉緑体の分解機構について研究しています.


[なぜ分解が起こるのか?]

再利用するため.古くなった葉を枯らして落とすときに,使える養分は再利用しようとするためです.


ちなみに植物の落葉は,能動的な反応.


「水がない」「栄養が無い」といったことで生きられなくなって枯れてしまうのではなく,「体全体の栄養が減ってきたから,体を小さくして生き延びよう」→「古い葉を捨てて,エネルギー消費を減らそう」→「古い葉の中にある養分は回収」といったシステムが働いています.


これと同様のシステムが,生長段階でも働いていて,「新しい葉をつくるために,古くなった葉を壊して再利用しよう」というプロセスもあります.


これはシンク(sink)-ソース(source)の関係と呼ばれていて,ソース(供給源)からシンク(流入場所)へのエネルギーの移動を示しています.


ソースになるのは成熟した葉.光合成で養分を作り出したり,自らを分解して栄養源にするためです.


シンクになるのは未熟な葉や実.自分で養分を作れない葉を成長させたり,果実に貯蔵したりしています.



 


長くなりましたが,今日はこの辺で終わり.


 


 


 


 


 


 


まだプラスミドのプの字も出てきませんでした(;´□`)


 



[PR]
# by ts-june18 | 2004-10-14 00:00 | 研究室にて