スズキさんの研究生活日記 兼 食堂めぐり


by ts-june18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「流しそうめん」


お向かい研に誘われて,流しそうめんをご馳走になりました.

竹を割って,節を抜いて.
斜めに立てかけて,流しからホースで水をながせばできあがり!

作業はかなりたいへんです(昔やった)
4年生の皆さん,おつかれさま.

b0045208_062326.jpg



そうめんだけじゃなくて蕎麦やところてん.フルーツポンチまで流れてくる,とても奇抜な「流しそうめん」でした.
でもすっごくおいしかったです.

そもそもこの企画の発端は,昔うちの研究室でやった流しそうめんの写真を後輩に見せたことだったり.

懐かしい・・・

こうしてイベント魂が受け継がれていくのですね.
昔ほど突拍子も無いことはできなくなったのが淋しいなぁ・・・
[PR]
# by ts-june18 | 2006-06-28 23:59 | 徒然日記

あれよあれよと言う間にもう火曜日.
ネタの鮮度が失われる前にまとめてしまわねばなりません.

--

学会は京都国際会館で行われました.
国際学会のはずなのですが,出席者の8割は日本人.
ポスターセッションの時間にも,質問に来てくれたのは日本人ばかり.
ちょっと拍子抜けでした.

いろいろな分野の発表があるわりには展示時間も短く,ただたんに「開催した」というだけのような印象がぬぐえません.

そこんとこがちょっと残念.
学会に参加して得るものがなかったなぁ...


しかし学会の規模はかなり大きいので,メーカーの展示ブースの広さも半端無かったです.
ほとんどが動物細胞をターゲットにしたものだったのであまり馴染みがありませんでしたが,普段見ないような機械や器具をなので,なんだかわくわくどきどきしてきました.
自分で買うわけじゃないのにねー.

そんなわけで,研究室へのお土産は京菓子と宇治抹茶とデスカスケードのポスター(笑)

b0045208_064715.jpg

[PR]
# by ts-june18 | 2006-06-27 21:52 | 研究室にて

静岡に戻ってきて早速実験を再開したのですが,
フラコレのFeed異常のために折角分離したサンプルが駄々漏れ!
しかもリスタートしたのに3回もストップするとか!

気分はどんより,スズキです.こんばんは.

ヤケになって後輩を誘ってさわやかのげんこつハンバーグを食べてきましたよ.

--

さて,先日の学会のお話.

初日は皇太子殿下謁見を諦め,のんびりと向かいました.
会場で受付を済ませたあとに渡されたのは,やたらでかいバッグ.

何が入っているのかと思いきや,要旨集,プログラム冊子,謎のCDに,GEHCのロゴの入った折り畳み傘.

文字で書くと大したこと無いんだけれど,この要旨集がありえないでかさ!
まさに電話帳!
厚さも,中の文字もタウンページサイズです.

こんなもの,当日に渡されてもどうしようもないですよと言いたい.
重いし,読みづらいし,内容の検索もできないし・・・

早々にホテルでお留守番してもらうことになりました.

--

そんなわけで,この日は祇園を歩いてみることに.
b0045208_2323115.jpg

地下鉄東山駅からテクテク歩いて,ちょうど夕暮れ時に到着しました.
繁華街だけあって,灯りが綺麗~
しかも広い!
八坂神社から四条河原町よりも更に西まで,繁華街が続いています.
静岡の田舎では考えられない広さ.

祇園と言うともっと古めかしい建物が多いのかと思っていたけれど,実際はそうでもなく.
観光地になっているせいか,表通りには観光客向けのお店が多い気がします.


四条と交差する花小路も歩いてみました.
北側はバーやスナックの並ぶ,どこにでもあるような街路.
変わって南側には,古都っぽい景観の料理屋が並んでいました.
b0045208_23232617.jpg


でもこれらも,値は張るけれど一見さんOKの普通のお店のようです.

ちょっと路地を入ると,人通りも無くひっそりとした雰囲気. (1本脇に入ると全然雰囲気が違います)
b0045208_23235134.jpg

本当のお茶屋はこんな路地裏に看板も控えめに店を構えているんでしょうね.

行ってみたい・・・けど,つても無いしお金も無い(泣)

祇園のお茶屋って,今でも頑なに伝統が守られているソーシャルネットワーキングと言えますね.
[PR]
# by ts-june18 | 2006-06-23 23:24 | 研究室にて
前のエントリにも書きましたが,学会に参加するために,日曜日から京都へ行ってきました.
「第20回国際生化学・分子生物学会議」という長ったらしい名前の国際学会です.


初日(18日)のオープニングセレモニーには皇太子殿下が出席されるとのことで,厳重警備.

参加する場合は,15時からの式典のために12時から13時半の間に受付を済ませて欲しいとのこと.
13時半に打ち切りなのは,金属探知や持ち物検査のために時間が掛かるからだとか.


えー

節約のために鈍行で行くことは譲れません.
磐田京都間は最速で4時間.前後の移動時間も合わせると5時間.
皇太子殿下に会うためには7時に家を出て,5時間も電車に揺られた上に,持ち物検査の列に1時間以上もならぶかもしれないと言うことかぁ・・・



ということで,朝はゆっくり睡眠をとって,余裕を持って会場に向かうことにしました.
皇太子はブラウン管で(o^∇')b
[PR]
# by ts-june18 | 2006-06-22 22:21 | 研究室にて

いい日旅立ち・西へ


明日から4日間,学会参加のために京都へ行ってきます.
まず今夜は地元磐田に立ち寄って,実家から更新しております.

学会にノートPCを持っていくのは初めてのことですが,せっかくノートを買ったんだし,ホテルのもインターネット接続ができるそうなので.
落とさないようにしないとネー.

この3日間はポスター作りと英語の練習に明け暮れました.

ポスターに載せるデータは春の学会のものに+αでよかったのですが,今回は国際学会なのですべて英語に!

もちろんプレゼンも受け答えもEnglish...

最大の敵は発音です.
練習してみたものの,果たしてこれで通じるのかどうかが疑問.

まぁ,言葉が通じなかったときは気合で内容を伝えてみせます!(←ダメじゃん
[PR]
# by ts-june18 | 2006-06-17 23:55 | 研究室にて

アルゼンチン×セルビア・モンテネグロ戦,みてました.

やっぱり優勝候補だけあって,アルゼンチンは強ぇや.

パス回しは綺麗で安定してるし,ゴール前でも落ち着いてるし.
テベスは飛ぶし(笑)
DFをものともせず突き進む姿は感動した...

モンテネグロが焦って墓穴を掘ってレッドカードを出したのもあるけれど,6-0のスコアは予想できなかったなぁ.

しかもメッシが投入されてから3点.
マラドーナの後継と呼ばれるだけあって,初出場で1アシスト1ゴールとは恐れ入る.
まだ若いので,長く活躍できる選手に育ってもらいたいものです
[PR]
# by ts-june18 | 2006-06-17 00:33 | 徒然日記