スズキさんの研究生活日記 兼 食堂めぐり


by ts-june18
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:映画/本/音楽( 8 )

杏の歓送迎会


昨夜は杏の歓送迎会にお邪魔してきました.
杏ってのは,かつて入社したような気がする会社の俗称.
仕事が終わってからの開催なので,開始が0:30.
てことは実質"今日"の話ですね.

More
[PR]
by ts-june18 | 2006-05-28 23:51 | 映画/本/音楽

SHINOBI

観たいぃぃぃぃぃ

SHINOBI観にいきたいぃぃぃぃぃぃ

今日から公開ですね,
まだ日が変わったばかりで言うのもなんですが.



歴史の影で活躍する者たち.
平和な暮らしを打ち砕かれ,時の権力に利用される哀しさ.
敵味方に別れ,戦わなくてはならなくなった恋人たち.


ストーリーはありがちだけど,結構好きですよこういうの.



役者さんもイイね.
主演の仲間由紀恵オダギリジョー,いいっすねぇ.
でも仲間さんはバカっぽさと凛々しさのギャップで活きてくるような気がする.
東京湾景やFACEみたいな終始シリアスな物語は向いてないのかな,
オダギリジョーは,,,雰囲気が好き.
LIFECARDだっけ?[無理][無理][無理]ってやつ.あのフライトアテンダントさん綺麗...(関係無ぇ)



でも,脚本だけじゃなく演技や演出が巧く噛み合わないと,いい作品にはならないしねぇ.

監督の下山氏.しかし彼の作品は見たことが無い...
どんななんだろう.



激しく期待は膨らむばかりです.
[PR]
by ts-june18 | 2005-09-17 00:59 | 映画/本/音楽
b0045208_19554763.gif1日平均86人が自殺すると言われる日本。この国で、希望はいったいどこにある…? 漫画家・山田玲司が体を張ってオンリーワンな人々に訊く、悪夢な時代の歩き方!!



- - - - + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - + - - - -



と,いかにもヤバそうなタイトルと暗いイメージ漂うキャッチコピー.


さまざまな分野で独自の道を歩く人たちと著者とのインタビューコミックです.


中身はタイトルほど暗いイメージは無く,毎回対談者の生き方や考え方,その基になったエピソードについて語ってもらったり,日本や世界の諸問題について思う所を述べてもらったり.

対談相手の活躍の場はいろいろ.同業の漫画家やアーティスト・大学教授・僧侶・医療関係者・スポーツ選手etc

漫画のタッチは癖があってとっつきにくいかもしれませんが,内容はとてもいい刺激になる話が多いです.
一貫して「日本はこれから良くなりますか?」というテーマですが,環境問題や子どもの教育(育て方)の話などにも通じる話もあり,これは小学校の先生や若いお母さんたちにも読んでもらえたらと思います.


人は誰でも間違える。by畑村洋太郎氏



第1巻の第1話だけはここで読めるみたいです.PCだと読みにくいかもだけど.

各巻目次
[PR]
by ts-june18 | 2005-01-23 20:04 | 映画/本/音楽
ネット上で話題になり,書籍化もされた物語「電車男」

映像化の話もちらほら聞きますが,ブームに乗って,漫画化もされてしまったようです.

この話,よく純愛物語と宣伝されていることが多いですが,もっと本質のところは2chを通してたくさんの人が電車男を見守り応援した流れにあるんじゃないかとおもいます.

書籍化前にネット上で話題になったのも,電車男の掲示板への報告・相談に対して多くの励ましやアドバイスをし,電車男の恋愛を茶化しながらも見守る傍らで電車男の成長に逆に勇気付けられたりする,みたいな?
そんなとこが良かったんじゃないですかねぇ(なんかうまくまとまらねぇ)

話の中心に居るのは電車男だけれど,あくまで視点は周りの人間だったのです.



しかし映像化されて,仮に電車&エルメスが主役になってしまうと,視点が全く逆になってしまう.

物語としては成立しにくいものになってしまいそうです.


- - - - + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - + - - - - + - - - -


まぁそんなごたくはおいといて...

誰が描いて,どんな感じになるのか,ちょっと気になったのでみてみました.



そしたらコレ






b0045208_628582.jpg
原秀則ですよkjさん(私信)! Σ(゜▽゜)!!


この人選には脱帽ですよ小学館さん...

続きはコチラ
[PR]
by ts-june18 | 2005-01-18 06:56 | 映画/本/音楽

小学生の頃

このシリーズ,好きでした.
[PR]
by ts-june18 | 2004-11-30 19:07 | 映画/本/音楽
インターナショナル・スーパーヒッツ
グリーン・デイ ビリー・ジョー・アームストロング / ワーナーミュージック・ジャパン
スコア選択: ★★★★★

GreenDayのアルバムで唯一持っていたのがコレ.
洋楽は,いいなぁと思う曲があってもなかなかCDを買うまで至らないのだけれど,このInternational SuperHitsを聴いてみてどっぷりはまった.
1曲目からパンク全開.でも難しいことは言ってなくて凄くノリがいいんだけど,アルバム全曲通して練りこまれてる.通勤中に毎日のようにかけていたけれど,飽きが来ないのが不思議.


バンド音楽は好きだったので,GreenDayに泥沼LOVEだったわけなのですが,今週の洋楽チャートで,GreenDayのAmerican Idiotが1位だそうです.
これは4年ぶりのアルバムらしいです.
実は先日東京に行ったときに,ふらりと立ち寄ったレコード店で見かけて買ってました.
研究室で実験の合間に聴いているので,まだなかなか入り込めてませんが,近いうちにゆっくり流してみたいと思います.
[PR]
by ts-june18 | 2004-11-08 23:54 | 映画/本/音楽

乗り越えてみよう

インド人の子供が歌っていたんだけどね
b0045208_043770.jpg


それは壁じゃない
それは壁じゃない

それは階段だ



[PR]
by ts-june18 | 2004-11-02 00:04 | 映画/本/音楽

悪魔の対話術


昨日浜松町でうろうろしているときに,書店で見つけた本です.
帯には「ビジネスで成功するためのしたたかで狡猾なテクニック」と謳われていました.ビジネスはさておき,目次をめくってみたら面白そうだったので,購入.

おもにビジネスシーンを設定して話がすすめられていますが,日常会話においてもうまく会話をやり取りするのに欠かせない要素だと思います.

心理学的な面からも話が組み立てられていますが,現代の統計的なデータからだけではなく,マキャベリの君主論・太公望の六韜(ろくとう?)をはじめとした書物からの引用もわかりやすく説明されています.

個人的には前半の,相手との言葉のやり取りを活性化させる上手な話のしかたについて書かれているところがとても勉強になりました.

会話をリズム良く進めることで,また相手にとってわかりやすい表現や受け止めやすい喋り方をすることで,相手との距離も縮まり,更に深い話ができたり,場の雰囲気もよくすることができるのだそうです.
これは子供のしつけ方や部下の指導の仕方にも通ずるところもありますね.

繰り返し読んでみて,上手な対話法を身につけたいと思います.
[PR]
by ts-june18 | 2004-11-01 18:36 | 映画/本/音楽