スズキさんの研究生活日記 兼 食堂めぐり


by ts-june18
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ハチドリの話


後輩からメールで「近くのアパートが燃えているよ」と連絡が.           
さっき研究室を出てきたら,帰り道で警察と消防の皆さんが仕事していました.
ホントにうちから50mも無いくらいのところの建物でした.
火事は怖いですね.やかんの空焚きをしたことがあるので今でも時々不安になります.スズキですこんばんは.






火事に関連して,山火事の話をひとつ.
一昨日,東京から帰るバスの中で読んだ本の中に紹介されていた話です.

   ・・・

南米の「ハチドリ伝説」

アマゾンの森が火事になり,動物たちは皆逃げ出した.

しかし,ハチドリだけは川と森を行ったり来たりして,
小さなくちばしで水滴を運んでは,燃え盛る森に落とし続けた.

それを見て他の動物たちはハチドリを笑ったが,ハチドリは言った.

「私は私にできることをしているだけ」

   ・・・

サルやトラがいくらハチドリより大きくて力が強くても,空を飛んで水を運ぶことはできない.
水を運ぶ行為が燃える森に対してなんら効果を持たなくても,それができ,実行しているハチドリを,サルやトラは笑うことができるはずが無い.

どんな大きな仕事でも,誰かが始めなければ始まらないよね.
他の人にはできなくても,自分にはできることかもしれない.

「できるかできないか,わからなかったらとりあえずやってみよう!」
[PR]
by ts-june18 | 2006-05-21 23:33 | 徒然日記