スズキさんの研究生活日記 兼 食堂めぐり


by ts-june18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

硫安

硫安分画というタンパク精製法があります.

硫酸アンモニウム(通称 硫安)をタンパク溶液に溶かすことで,疎水領域同士の結合でタンパク質を沈殿させることが出来ます.
タンパク質のそれぞれ固有の性質で沈殿のしやすさが違い,硫安濃度を変えることで分離を行うことが出来ます.


しかし固形(結晶状)の硫安を直接溶液に加えると,局所的に硫安濃度が高まり沈殿を生じてしまう恐れがあるために,乳鉢ですりつぶして粉末状にしたものを用います.




今日は久々に硫安分画をすることになり,気合をいれてすりすりしました.
















気合を入れすぎて














気が付いたら皮がむけてました...

b0045208_19251795.jpg












すり終わってなんだか違和感があるなとよくよく見ると,皮膚が綺麗にはがれていました.

こうしてみると,人間の体の全身が皮膚で覆われていることが実感できます.
普段は感じることのない皮膚の存在に改めて気が付きました.


助手のAさん曰く,エタノールで消毒すると痛いけど治りが早いよ,とのこと.

ホントかどうかは解りませんが,消毒の意味もかねて遺伝子実験机にあった7エタを一吹き.




しゅっ













!(゜Д゜;)

しみるっ.・。(つД<)。・.
[PR]
by ts-june18 | 2005-06-14 19:25 | 徒然日記